【公式連携きた!】チャットワークとIFTTTを使って超簡単に情報収集する方法

こんにちは事務局のよねこです。
今回は表題のとおりなのですが、つい最近飛び込んできた以下のニュースとその活用方法についてです。

ChatWorkは、600以上のサービスと連携できるIFTTT(イフト)とチャットワークの連携をおこないました。本連携により、「無料」かつ「プログラミング不要」で、メールやカレンダー、ワークフローなど、さまざまサービスとチャットワークを連携することができます*。

出典元:チャットワークとIFTTTが連携!〜いますぐ連携できる10のサービス〜

チャットワークとIFTTTの公式連携!ようやくきましたねー!
待ってたぜー!!!

というのも、今まではチャットワークと連携するとき、

提携したいサービス→IFTTT→Googleスプレッドシート→GAS→ChatWork

といった連携の仕方でやっていたのですが、今回の連携で

提携したいサービス→IFTTT→ChatWork

のようにシンプルに連携できるようになったのです!個人的にはありがたーい!
「GASわかんねーし!」「プログラムさわりたくない」と悩んでいた初心者でもだいぶ敷居が低くなったのではないでしょうか。

チャットワークとIFTTTを使って超簡単に情報収集してみよう!

さあ!タイトルの通り早速やってみよう!
今回は「ニュースやサイトの最新情報を受け取る」というやり方を紹介していきたいと思います。つまりRSS→IFTTT→Chatwork です!

Chatworkでニュースやサイトの最新情報を受け取る

試しにこのブログ、「日本ディレクション協会」のRSSをChatWorkに流してみます

①まず、IFTTTのアプリを立ち上げます。


※ちなみに紹介しているスクリーンショットはIFTTTのアプリでのやり方ですが、PCからの設定方法もほぼ変わらないので参考にしてみてくださいね。

②右下のMyApplets を押します。

③右上のプラスを押します

⑤「+this」を押します

⑤「RSS」で検索し、選択します。

⑥「New feed item」を選択します

⑥フィードのURLを入力します


フィードのURLは以下になります。

https://www.direkyo.com/feed/atom

入力が完了したら「Create trigger」を押します。

⑦「+that」を押します

⑦「chatwork」で検索し、選択します

⑧「Post a message」を選択します

⑨「Connect」を押します

⑩Chatworkにログインします


初めてChatworkとIFTTTを連携する方はアカウントを連携させる必要があるのでChatworkにログインする必要があります。※2回目以降は出てきません。

⑪Chatworkへのアクセスを許可します


許可したらIFTTTに戻りましょう。

⑫Chatworkに送る文章を決めます


IFTTTに戻ったら⑧、⑨をもう一度進めると上記の画像のように詳細設定の画面になります。
「room」で送りたいチャットワークのグループを選択します。
「message」でチャットワークに送る文章の雛形が登録できます。
「message」の内容はデフォルトのままだとブログ全文が送られてくるようになっていて少し長いです。私の場合はチャットワークのタグで囲って以下のような形でリンクだけを送るようにしています。

こんな感じで!入力できたら「Create action」を押しましょう。

⑬最終確認してFinish!!


「Receive notifications when this Applet runs」の項目は、今回登録した内容が実行されたときにIFTTTから通知を受け取りたい場合はONにします。(わたしはとくに必要なかったのでOFFのままです)

以上となります!
これで更新情報がChatworkに届きますよ。
スクショにしてみると長いですが、やってみると簡単です!

RSS購読 応用編

上記のようにブログの更新情報を受け取る以外にも、「Googleアラートで関心の強いキーワード登録して更新情報を取得する」とか「はてなブックマークで興味のあるカテゴリの記事の通知を受け取る」とかもできますね!

ちなみにはてなブックマークの場合は
興味のあるタグで、一定数以上のブクマがついた記事のみ抽出する」など条件を絞り込むのがオススメです。
たとえば、以下のタグのはてなブックマーク100以上のRSSを取得する場合

例)人工知能
http://b.hatena.ne.jp/search/tag?mode=rss&q=%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E7%9F%A5%E8%83%BD&safe=on&sort=recent&users=100
例)SEO
http://b.hatena.ne.jp/search/tag?mode=rss&q=SEO&safe=on&sort=recent&users=100
例)apple
http://b.hatena.ne.jp/search/tag?mode=rss&q=apple&safe=on&sort=recent&users=100

となります。

見ていただければわかると思いますが、

  1. 「&q=」 のパラメーターのあとにタグの名前を入れる。
  2. 最後の「&users=100」の部分でブックマーク数を変更可能

というようにカスタマイズできます。

これであなたも情報収集上手になれますね!

さいごに

いかがだったでしょうか。

他にも、Twitterの投稿を受け取ったり、GitHub、Tlello、Slackといった別サービスの更新情報を受け取ったり、カレンダーと連携し会議室の予約状況をお知らせする。なんてこともできます!

今回紹介したIFTTT×ChatWorkでの情報収集&共有は「このネタの最新情報をチームで共有したいんだよなー!でも検索してリンク送るの面倒くさいし…」「自社関連サービスの更新情報のキャッチアップしたいのに時間がない」みたいなチームにはピッタリなのではないでしょうか。

ではまた!

この記事を書いた人

木村 よねこ