ディレクター名鑑:#002 木村和代さん

こんにちは、ディレ協広報部です。

前回の本間和城さんに続いて、ディレクターにスポットライトを当てていきます。

今回ご紹介するのは、デザイナー出身の9年目ディレクター、木村和代さん。現在の仕事場では、自社サービスの企画・運営から制作ディレクションまでこなしているそう。

記事の中では、働くことへの真摯なマインドを語っていただきました。木村さん流仕事を進めるコツは、コミュニケーションに悩めるディレクター必見です。

まずは自己紹介をお願いします!

木村 和代(きむら かずよ)です。でも、あだ名でよねこって呼んでください。(笑)

普段は渋谷のAISブレイン株式会社という会社で、自社サービスの企画・運営や制作ディレクター&デザイナーをやっています。渋谷の方はお気軽にランチ誘ってください。

また、日本ディレクション協会の宴会部長として、セミナー後のミートアップの準備や飲み会の企画などを行っています。セミナーでたまに後ろの方にいます。見かけたら気軽に絡んでくださいね。

次にこれまでの経歴や現在のお仕事を教えてください!

前職はGMOTECH株式会社に5年ほどおりまして、デザイナーとディレクターを経験しました。

入社してすぐは、デザイン部のコーディング部隊に所属になり、お客様のサイトのSEO内部施策を確認しコーディングする日々でした。毎日毎日コーディングして…数百サイトはコーディングしてきたと思います。多くのECサイトやテンプレートに触れてきたお陰でCMSの仕様や管理画面について、やたら詳しくなりました。

その後自社メディアサイトのデザインやコーディングを任されたり、アプリ開発プロジェクトに関わりイチからアプリ制作を行ったりと仕事の幅を広げてきました。

前職のデザイナーやコーダー、エンジニアの方はみんな仕事が早くてスキルの高い人ばかりだったので良い刺激をうけながら仕事ができましたね。おかげでかなり成長できましたし、チームで仕事をするやり方というのを学べました。

入社して3年半ほどでSmaADというアプリ広告を展開する部署のディレクターになりました。(ディレクターってなんだ!?と思って検索で日本ディレクション協会を見つけたのもこの頃です)
ディレクター業務の合間にデザインの依頼もこなしながら、社内の管理画面のディレクションをしたり、外部向けイベントの企画・運営に携わってきたりしました。

ディレクターとしての強みを教えてください!

そうですね…。私は制作出身で一通りサイトを1人で作れるスキルがあるので、制作のディレクションはイメージしやすく、そこが強みと言えるかもしれません。

デザインの指示はどこまですればあまりブレないか、コーディングの組み方はどうすれば苦労しないか等を意識して組み立てるようにしています。

また、アフィリエイト広告に適したアプリやサイトの企画・制作を行い、集客やマネタイズに成功した経験もありまして、それも強みの1つですね。こういう話が好きな方とは、ぜひ飲みの席などで色々とお話したいです。

これまでの仕事で印象的だった出来事を教えて下さい!

うーん。印象的だったことが思い出せない…。一つ一つ掘り起こせばあるのでしょうが、もはや色々ありすぎて笑

すごく辛いことも楽しいこともあったと思いますが、ひっくるめて今の自分を形成している気がします。色々な経験含め、今やってる仕事に、人脈に繋がっていることが全てですね。

過去の仕事でどうだった、という事とは少し違うかもですが、あえて言うなら「環境と人に恵まれてきたなぁ。」ということを強く印象として持っています。

web業界9年目。色々な人たちと仕事をさせてもらったのですが、優秀な人が本当にたくさんいて、技術面でも企画面でもおもしろいコラボをしてこれたなと感じています。

でも、まだまだですね。もっともっと業界にインパクトを与えるようなことができたら面白いだろうな!と思いながら日々挑戦と勉強です。

優秀な人達に負けたくない。負けているかもしれないけど、やるじゃんって言わせたい。そんな気持ちで己と戦いながら仕事してます。

よねこさん流、仕事を進めるコツを教えてください!

コツは、コミュニケーションですかね。

きちんと話を聞いて、周りを見ながら仕事をすることです。
1人で突っ走って仕事をすると、自己満足の領域で仕事をしてしまうというか、周りから本当に求められていることに対して素早くアウトプットを出せなくなります。「これは大変だ。時間がかかる」と思っていたことも、よくよく相手の話を聞いてみたら以外に簡単なことだったりするかもしれません。

上記は作業の話ですが、これって企画などの話も当てはまると思っていて、相手がどんな成果を求めているのかを把握することで理想に近いものが提案できると思います。

一度きりのコミュニケーションで把握した気になってはダメで、業界の動きや状況によって日々求められていることが少しづつ変わってくることもあるので、定期的にコミュニケーションをとって相手を理解しながら仕事をするって大切だなって思います。

あと、自分の時間を作ることも大切ですね。
1人で喫茶店でお茶など飲みながら頭の中を整理したり、関係ないことを考えてメンタルをリラックスさせてみたり。仕事も大切ですが自分という資本がなければ何もできないので、自分のメンテナンスってやつもきちんと行いながら目の前の仕事と向き合っていきたいなと思っています。

この先、どんなことをやりたいですか?

直近だと、今の会社やそれを取り巻く周囲の人達の中には、個人でも会社でもマネタイズに成功されている方がたくさんいるので、そういう方たちと一緒に新しい企画やサービスを作って成功させたいと思っています。

職場では比較的自由に動ける環境で仕事をさせてもらってまして、意見やアイディアも出しやすいです。実現して成功できるようにこれからも日々模索を繰り返しつつ、楽しく走って行きたいですね。

他にも何か言いたいことがあればお願いします!

普段はまじめに仕事の話を語るのも苦手な私です。

もし見かけたら、まずは内容の無い話や当たり障りない世間話などをしてくれると喜びます。あ、最近Miitomoフレンド募集中です。(笑)

あとは、日本ディレクション協会宴会部でも随時メンバー募集中です。

「飲みに行きたい!」とか「色々なディレクターとお話してみたい!」と少しでも思った方はお気軽にメッセください(●^o^●)

―木村さん…もといよねこさん、ありがとうございました。素敵なマインドがとても興味深かったです。

それでは、次回のディレクター名鑑もお楽しみに!

この記事を書いた人